doctor3128_128ラクトフェリンの効果効能のひとつに「アトピー改善効果」というものがあります。ラクトフェリンで「アトピー改善効果」が期待できる理由について解説します。

1.アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは体の免疫システムが正常に働かずに、身体に危険な侵入物でないものを危険侵入物と勘違いをして、反応してしまう過敏症の一種です。

アレルギーの原因となる物質「アレルゲン」が体内に侵入すると「アレルゲン」に対しての抗体がある場合に「アレルゲン」を攻撃します。このときに皮膚の炎症が起り、かゆみを伴う湿疹が反復的に生じるのです。

アトピー性皮膚炎はアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

花粉・ダニ・動物の毛など吸入性のもの、蕎麦(そば)・鶏卵・牛乳など食物性のもの、うるし・ゴム・金属など接触性のものなどアレルゲンも色々な種類があり、アトピー性皮膚炎の原因も多岐にわたるのです。

2.ラクトフェリンのアトピー改善効果「乾燥を防ぐ」

ラクトフェリンには美肌作用があるヒアルロン酸やコラーゲンの働きを活性化する作用があります。ラクトフェリンと同時にヒアルロン酸やコラーゲンを摂取することで、肌の保湿作用が高まるのです。

皮膚のバリア機能が弱い人がアトピーになる傾向が強く、アトピーの症状が出るときも、皮膚が乾燥し、炎症を起こしてしまうため、ラクトフェリンを摂取することで改善できる可能性があるのです。

3.ラクトフェリンのアトピー改善効果「抗炎症作用」

アレルギー反応時に放出される物質が「ヒスタミン」であり、アトピー治療に抗ヒスタミン薬が使用されます。アレルゲンが体に侵入した時に働くヒスタミンを抑制することで、アレルギー反応を鎮静化させることができるからです。

kahunsyo1

ラクトフェリンの濃度を上げると、「ヒスタミン」「トリプターゼ」ともに阻害度が上昇する

という研究結果が出ています。これはアトピーとは違うアレルギー反応の花粉症での実験結果ですが、「ヒスタミン」の阻害度が上昇するということは、抗ヒスタミン薬と同じ作用が期待できるということなのです。

4.ラクトフェリンのアトピー改善効果「免疫機能の向上」

ラクトフェリンには、ナチュラル・キラー細胞を活性化する効果があります。

ナチュラル・キラー細胞が増えるということは病原微生物あるいは病原ウイルスが感染した細胞に対する拒絶反応が強化されることになるため、免疫力の向上につながるのです。アトピーは免疫機能が弱っていることで発生するとも考えられているため、ラクトフェリンによる免疫機能の向上は、アトピー改善にもつながるのです。

5.ラクトフェリンのアトピー改善効果「鎮静効果」

ラクトフェリンはエンドルフィンを増加させるため、鎮静効果も期待できます。

エンドルフィンは、脳内で機能する神経伝達物質のひとつで、β-エンドルフィンには鎮痛作用があります。実際に精神的ストレスを改善できるという研究結果もあるぐらいなのです。

アトピーが悪化すると、かゆみで夜に寝られないというような精神的なストレスを抱えて、アトピーが改善しないというケースも多いようです。ラクトフェリンの鎮静効果はアトピー改善に一役買ってくれるのです。

まとめ

ラクトフェリンは、母乳に含まれる生まれたての無防備な赤ちゃんのための成分として、アトピー改善に必要な効果を多く保有しています。

  1. 抗炎症作用
  2. 免疫機能の向上
  3. 鎮静効果
  4. 保湿効果

などです。どれもアトピー改善に効果が期待できるので、ラクトフェリンはアトピー改善効果が期待できるのです。

ステロイドを含めた強度の薬物治療には副作用のリスクもあるため、ラクトフェリンサプリメントによって薬物治療の効果を高めることも選択肢として有効なのです。